浄土宗僧侶が選ぶオススメ浄土宗入門書3選

仏教本の選び方:宗派に注目して選んでみよう

本屋さんに行くと、仏教について書かれた本がたくさん並んでいます。
が、多すぎて、何を基準に選べばいいのか分からないですよね。

そんなとき、目安となるのが、著者の宗派です。

仏教は宗派ごとに教えの捉え方や実践の仕方が大きく異なります。
なので、まず著者プロフィールを確認してみてください。

著者が僧侶の場合、肩書きに〇〇宗僧侶と書かれています。

大学の先生であればで、一つの目安として、
仏教大学:浄土宗
大正大学:浄土宗・天台宗・真言宗豊山派・真言宗智山派
立正大学:日蓮宗
駒沢大学:曹洞宗

と所属大学である程度の方向性が分かります。

私がオススメする浄土宗入門書!

今回、ご紹介する3冊は全て浄土宗僧侶の著作や監修であり、
浄土宗について知りたいな』という方に自信をもってオススメできる3冊です。

実際、私も法話資料作るときにめちゃくちゃ参考にしている3冊です。

1冊目 善光寺布教師会会長監修 「日本人として心が豊かになる仏事とおつとめ浄土宗」

服部淳一上人監修

浄土宗大本山の善光寺大本願で布教師会会長(当時)をお務めになった服部淳一上人監修の

「日本人として心が豊かになる仏事とおつとめ浄土宗」

この本は、お仏壇のしつらえ、お経や法要の意味から、合掌の仕方、お数珠の付け方など、
檀信徒の皆様が疑問に思うところが簡潔にまとまっています。

イラストも豊富で、通仏教的な説明に合わせ「浄土宗では…」という解説が入るので
一般教養としての仏事とともに、浄土宗の考え方がつかみやすい
です。

Amazon商品リンク 「日本人として心が豊かになる仏事とおつとめ浄土宗」

ちなみに

「日本人として心が豊かになる仏事とおつとめ」シリーズは他宗派版(真言宗や浄土真宗など)もあります。

2冊目 浄土宗の歴史と用語解説が分かりやすい 「図解あらすじでわかる!法然と極楽浄土」

林田康順上人著

さらに『浄土宗の歴史や法然上人について詳しく知りたいな』という方には

大正大学教授林田康順先生著の

「図解あらすじでわかる!法然と極楽浄土」

がオススメ。

この本は大きく2部に分かれており、
第一部は浄土宗を開いた法然上人の生涯
第二部は浄土宗でよく使われる仏教用語について書かれています。

浄土宗を開いた法然上人ってどんな人なの?
浄土宗はどういった教えなの?
極楽浄土って何?

ということが、用語ごとに簡潔に書かれています。

著者の林田先生は、講師としても著名な方、私も修行中から何度もお世話になっております。

Amazon商品リンク「図解あらすじでわかる!法然と極楽浄土」

3冊目 浄土門主監修の図解雑学「法然」

図解雑学「法然」
え?図解雑学・・・
と思われるかもしれませんが、この本

浄土門主伊藤唯真猊下が監修されてます!

なので、絶対間違いないです!

法然上人ってどんな方で、なぜ浄土宗を開かれたのか。
その一生が書かれています。
浄土宗入門の最初の1冊として、一番適しています。。。が

現在、欠品中のお店が多く、新品はなかなか手に入らない状況です。

もし見つけたら即購入を!

Amazon商品リンク「法然(図解雑学)」

私も失敗してました。。。

僧侶になると決めたとき「仏教を勉強しよう!」と本屋さんに行ってみると、
仏教本が何百冊とあり、どれを選べばいいか分からない。

当時は宗派ごとに考え方が異なるなんて思ってもいなくて、
「まぁ適当に平積みしてるやつでええか」とよく考えずに買ってました。

今、当時買った本を見返すと他宗派の先生が書かれたものがいっぱい、、、、
勉強にはなりましたが、「それぞれ言ってること違う!」と頭の中が大混乱になった思い出・・・

この記事を書いた人

アバター

Koji Ryuji

浄土宗善立寺副住職
元エンジニアで寺院のデジタル化を推進する
寺院デジタル化エバンジェリストとして活動している
Scansnapプレミアムアンバサダー