社会活動

善立寺では様々な団体に参加・協力し、社会貢献活動を行っています。

おてらおやつクラブ活動

善立寺は「おてらおやつクラブ」に参加し、皆様からいただいた供物の一部を東海地方のこども食堂におすそわけしています。

おてらおやつクラブとは
「おてらおやつクラブ」は、全国のお寺と支援団体、そして檀信徒および地域住民が協力し、慈悲の実践活動を通じて貧困問題の解決を目指す活動です。「おてらおやつクラブ」は、お寺にお供えされるさまざまな「おそなえ」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、子どもをサポートする支援団体の協力の下、経済的に困難な状況にあるご家庭へ「おすそわけ」する活動です。活動趣旨に賛同する全国のお寺と、子どもやひとり親家庭などを支援する各地域の団体をつなげ、お菓子や果物、食品や日用品をお届けしています。(おてらおやつクラブHPより抜粋)

 

塩尻仏教信和会

托鉢行

毎年4月1日から2週間、塩尻市内を托鉢に伺っています。
頂いた浄財は本会のお花祭り・戦災震災慰霊法要の運営費として、
また、一部を塩尻市社会福祉協議会、歳末たすけあい募金等に寄付を行っています。

托鉢の様子

お花祭り法要にて

塩尻青年僧有志の会

チャリティバザー活動

『塩尻市に住む子育て世代として、地域のためになることをやろう!』と
塩尻市内の浄土宗・真言宗・曹洞宗の青年僧が集まり、チャリティバザー活動を行っています。
収益の一部を塩尻市立図書館に寄贈し、児童書の購入費に充てていただいております。

松本浄土宗青年会

災害ボランティア活動

地震などの災害発生時には、現地でのボランティア活動をおこなっております。
また、現地での活動以外に募金活動なども随時行っています。

熊本地震被災地にて

 

中信地区仏教青年連盟

毎年、松本市民祭にてチャリティバザーをおこなっています。収益は全額、長野県内の児童福祉施設等にお送りしています。

  • 所属仏教関連団体
    浄土宗児童教化連盟
    浄土宗青年会
    塩尻仏教信和会
    塩尻青年僧有志の会
    信濃中央仏教会
    中信地区仏教青年連盟