善立寺永代供養塔について

善立寺永代供養塔

2018年建立
宗教・宗派を問わず、どなたでもご遺骨をお納めいただけます

なぜ永代供養塔を建てるのか

死や老後の不安を少しでも減らすことが私たち僧侶の勤めです。

家族構成や故人を偲ぶ方法が変わっていく中で、
当山にも永代供養墓を
というお話は何年も前から自然と出ておりました。

参道六地蔵

「永代」という責任

しかし、「永代に渡る供養」と真摯に向き合うと、一つの課題が浮かび上がりました。

それは運営の継続性です。

もし私たち僧侶が亡くなったあと、
永代供養をどのように続けられるのか。

ということ

皆様に安心して入っていただける”

”私たち僧侶も安心して次世代の僧侶にバトンを繋げられる”

その方法はなんだろうかと熟考しました。

善立寺最古の仏像・薬師如来坐像

お坊さんとお檀家さん
手を取り合ってできた永代供養

そこで善立寺では

永代供養・法要を僧職である住職・副住職が行ない

永代供養塔そのものの管理修繕は
より継続性のある団体、
善立寺檀信徒会様にお任せすることにしました。

もちろん、永代供養料の中にこの管理費も含まれております。
これにより、もし私たち僧侶が突然亡くなった場合も
檀信徒会様による管理は続きます。

新しい住職が決まるまでの間、継続して管理していただけます。

永代供養塔 制作風景

あたらしいかたちの永代供養

私たち僧侶とお檀家さんが手を取り合って運営する新しいかたち

顔を知っているお坊さんが供養してくれる寺院経営の安心

公営の永代供養墓の安定

を兼ねたものができたと感じております。

永代供養観音菩薩

みらいを見据えて

これも子の世代だけでなく、孫、ひ孫の世代まで

安心してお任せいただけるよう

100年後を見据えた結果です。

わたしたちに安心してお任せください。

宗派・宗教を問わずどなたでもご納骨いただけます。

善立寺外観

お問合わせ方法

お電話にて

お問い合わせフォーム

FaceBookメッセンジャー

所在地

浄土宗善立寺

〒399-0702 長野県塩尻市広丘野村793-1
電話:0263-53-2645