12月は寄付月間です

12月は寄付月間!ということで、

寄付用Amazonほしいものリストから食品をご寄付いただき、当山に送付いただければ、それと同量を副住職が購入(※)し、倍にして、支援団体にお送りいたします。

※期間内上限2万円まで

寄付月間とは

寄付月間(Giving December)とは、「欲しい未来へ、寄付を贈ろう。」を合言葉に毎年12月の1ケ月間、全国規模で行われる啓発キャンペーン。民間非営利組織、企業、大学、行政、国際機関などが推進委員会を設置し、2015年12月に第一回寄付月間が始まる。民間主導の取り組みであるが、2016年6月2日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2016 ~600兆円経済への道筋~」(骨太方針)に「「寄付月間」等の寄附文化の醸成に向けた取組を推進」が盛り込まれた。引用元 wikipedia

寄付月間2021公式サイト

現在のご寄付

これまでにご飯やお味噌汁、チョコレートの支援をいただいております。こちらと同量を現在、手配しております。

支援先フードバンク信州

いただいた支援品は長野県全域でフードドライブ活動などを行っている認定NPO法人「フードバンク信州」様へお送りしております。

Amazonリストはこちら

お送りいただく支援品をこちらからお選びきただき、当山までお送りください。お名前は匿名でも大丈夫です。

継続的な支援活動も行っています

副住職

毎月、給与の一部を子どもたちの病気や教育を支援する認定NPO法人に寄付しています。

この記事を書いた人

副住職

浄土宗善立寺副住職
元エンジニアで寺院のデジタル化を推進する
寺院ITアドバイザーとしても活動している
PFU ScanSnapプレミアムアンバサダー