【写真で解説!】浄土宗のお数珠の掛け方

お数珠の掛け方

宗派によってお数珠のかけ方が異なります。

浄土宗のかけ方はちょっと個性的で一見難しそうなんですが、やってみるととっても簡単!

1.数珠は左手にかける

歩いているときや座っている時など、合掌をしていないとき、お数珠は左手首にかけましょう。

2.左手親指にかける

左手首からお数珠を外し、左手親指に掛けます。

3.右手親指を下から入れる

左手親指に掛けた数珠に、右手親指を下から入れます。

4.完成!

手のひらはぴったりくっつけます(※堅実心合掌といいます)

この記事を書いた人

アバター

Koji Ryuji

浄土宗善立寺副住職
元エンジニアで寺院のデジタル化を推進する
寺院デジタル化エバンジェリストとして活動している
Scansnapプレミアムアンバサダー