浄土宗の十念の唱え方

十念の唱え方

浄土宗では葬儀・法事の際、ご参列いただくみなさまと一緒に「十念(じゅうねん)」を称えます。

十念とは、南無阿弥陀仏と十回称える作法のことです。

称え方はとっても簡単なので、ぜひチェックしてみてください↓

解説図

十念の称え方

上の画像のように、「なむあみだぶ」と4回ずつ称えます。
9称目だけ「なむあみだぶ」と”つ”も発音するのがポイント!

息継ぎについて

8称目まで一息で行う。という習わしもございますが、
僧俗共に称える際、当山では4称ごとに息継ぎを入れています。

十念の由来ってなに?

十念の由来は無量寿経(むりょうじゅきょう)に描かれている、阿弥陀仏が立てた48個の願い「四十八願」の第十八願から来ています。

阿弥陀仏の第十八願

設我得仏 十方衆生 至心信楽 欲生我国 乃至十念 若不生者 不取正覚

【書き下し文】

もし我れ仏を得たらんに 十方の衆生 至心に信楽して 我が国に生ぜんと欲して 乃至十念せんに もし生ぜずんば正覚をとらじ

【現代語訳】

もし私が仏となったら どんな人でも 真実の心をもって 信心を起こし 浄土に生まれようと願い 南無阿弥陀仏と私の名を十遍呼ぶならば 私の極楽浄土へ生まれさせよう。
それができなければ、私は仏にはならない。

仏が「仏にはならない」ってなぜ?

仏になったはずの阿弥陀仏がなぜ「仏にはならない」と仰っているのか、不思議ですよね。

実はこの一節は阿弥陀仏が仏となる前、法蔵菩薩であった頃を振り返ったお話なんです。

法蔵菩薩が願いが達成できなけらば仏とならないと誓った上で、覚りを得て、阿弥陀仏となっている。

つまり、48個の願いは全て達成された。というお経になっています。

ちなみに

得意なカラオケ曲などを「十八番」と言いますよね。
この十八は、阿弥陀仏が立てた48個の誓いのうち、最も大切な願とされる「十八番目の願い」から来ています。
さらに。十八番と書いて「おはこ」と読むのは、江戸時代の歌舞伎役者、市川團十郎などが得意とする18種の演目を「箱に入れて保管した」という説があります。

副住職

仏説無量寿経における四十八願の描き方は、現代の論法技術である「演繹法(えんえきほう)」に似ていて、初めて読んだときはびっくりしました。

この記事を書いた人

アバター

Koji Ryuji

浄土宗善立寺副住職
元エンジニアで寺院のデジタル化を推進する
寺院デジタル化エバンジェリストとして活動している
Scansnapプレミアムアンバサダー