十念の唱え方

浄土宗では葬儀・法事の際、ご参列いただくみなさまと一緒に「十念(じゅうねん)」を称えます。

十念とは、南無阿弥陀仏と十回称える作法のことです。

称え方はとっても簡単!

解説図

上の画像のように、「なむあみだぶ」と4回ずつ称えます。

9称目だけ「なむあみだぶつ」と”つ”も発音するのがポイント!

息継ぎについて

8称目まで一息で行う。という習わしもございますが、
当山ではお檀家様と共に称えるとき、4称ごとに息継ぎを入れています。

関連情報

この記事を書いた人

副住職

浄土宗善立寺副住職
元エンジニアで寺院のデジタル化を推進する
寺院デジタル化エバンジェリストとして活動している
Scansnapプレミアムアンバサダー